スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
金色のコルダ放課後のエチュード公開録音 ④
2006 / 06 / 19 ( Mon )
第四回戦
この中で自分と誕生日が近そうな人

な、ななな夏樹ちゃーん!!

あなた近いじゃん!!2日違いじゃーん!!

そのコトを知ってたウチらは「この子近いよ!」って必死にアピール(笑)
さっきの後ろの方を優先してな気持ちはどこへやら(所詮気まぐれなB型)

そしたら紀章さんが「マジで?マジで近い?」とかものっそい笑顔で言ってきた!
近いよ誓い!(あれ?)とにかくマジで近いからーー!!!!
てかさ、あなた知ってるんじゃないの?って思ったのはアタシだけですかね??
あの笑顔…怖いなぁ(笑)
勘違いなアタシにはどーしても何か含んでるようにしか…!!(出た自惚れ)

そして舞台から降りてきて夏樹ちゃんの前に立つ紀章さん(ドキーン!)
ぉぉぉぉおおお!!こっちに来たYO!!!
どーしよっかなぁ~」って言いつつ夏樹ちゃんを凝視。

あなたもぅ決めてるじゃん!(笑)

そんな流れで「ここに凄くアピってる子がいるんで~」って言って夏樹ちゃんを指名!!!!

ホントですか?!!
あんだけアピったとはいえさっき「前の人ごめんね~」って言われたから当てられるとは思わなかった。

ど、どどどどーしよう!!
だって夏樹ちゃんはアタシの右隣りに座ってたんだよ?!
つまり超斜め前に紀章さんが……(ドッキンチョ!)

ちちちち近っ…ち近いいぃぃい!!!!!
メガネ+スーツでエロスなKISHO TANIYAMAが超目の前にっっ!!(ひょぇえ!)

触れるキョリだヨ!腕掴めるっ!(やめなさい)
ホント目の前なんだもん!ほのかにイイかほりが…(デレ~///←変態)
サイン会とかの机1コ分のキョリさえない!
私また孕みそうですっ!!助けて下さいー!(知らぬわぁ!)

紀章さんが夏樹ちゃんにマイクを向けた瞬間心拍数がありえないことに(苦笑)
カッコいいなぁ…(凝視)
あわわわわわ…mジDeち…%3々&☆ヶヶ8#(※マジで近いよどーしよ困った死ぬぅぅう!)
動悸息切れ酸欠ぴゅー(?)

「お名前は?」
「夏樹です!」←この夏樹ちゃんの堂々としたボイスに感動!
「なつき!いかにも夏生まれってカンジだね。エロスの娘ですよ!」

夏樹ちゃん、また紀章さんに称号もらっちゃったね☆
傲慢で我が儘なエロスの娘!(※でも実際は傲慢で我が儘じゃぁないよ)

「因みにお風呂に入って一番最初にどこ洗う?」

えぇっ、因みにの質問がそれかョ!(笑)

「えっ…右腕…」
「あっ!俺も右腕から…違う左腕からだ。惜しい!」
な会話をしてました。
夏樹ちゃん左利きだもんね(おぉ!ステキ知的!)
足の指って答えてやればよかったよ(笑)
てか申し訳ないけど近すぎる紀章さんにわたくしいっぱい②デシタ。
魂飛ぶぅぅぅう!!

結果はコニオケがなんと同じ誕生日だったんでコニタンの勝ちでしたが、ホントに素敵な一時を過ごさせてもらった!

握手してるトコとかあたしゃ感動デシタ。ふぇ。

良かったね夏樹ちゃん!
友達が当てられて私も凄く嬉しかったvv


ところがこれで終わらなかった新百合ヶ丘杯
第五回戦……

この中でヴァイオリン弾けそうな人。実際に弾いて下さい
瞬間会場が「えっ…」って。

アタシもうわぁ…そりゃやってたけどムリだ…。全然弾いてないし…や、やっとけば良かった…!なんて瞬間的に考えてたら悠麻お姉ちゃんが「茉奈いけるんじゃん?!」とか言い出して。
いやいやそんな!ムリだよ!って訴えたんだよ当然!!
てか今夏樹ちゃん当たったばっかなのにアタシに来るわけないよ。隣りにいるんだよ?!って思ったし、自信たっぷりに手を挙げてる人がいてそっちにいくだろうと…。
だけどみんなが「この子弾けるから!大丈夫だから!」みたいなコトを紀章さんにアピるの!
えぇぇえぇ!!?いや、ホントにムゥリだって!恥晒しだョ!!とアタフタ。
でもそーやって「大丈夫だから!」って一生懸命主張してくれたのが嬉しかった。
信じてくれてるんだぁって(自惚れ)

それで紀章さんもまた「マジで?ホントに弾ける??」って聞いてきて。
さっき夏樹ちゃんに向けてたのと同じ笑顔をアタシに向けている…(ひぃ!)
えっ…何…??
えっ?えっ?!…ホントちょっ…まっ…まぁさかぁ!アタシを選ぶわけないじゃーん。
こら夏樹ちゃん!「YOU!やっちゃいなよ!当てちゃいなよ!」とかジャニさんみたいな言わない!当たらないからーー!!

なんてのは誤魔化し。
ホントはかなり動揺。

だって明らかにこっち見て…てか来たーー!!!!
いや、アタシを当てると見せかけて他の人を当てるんだよね…?
ち、違うんですか??
マジですか?!本気ですか紀章さん!!

どーやらマジだったようです。
「何かここにもすごくアピってる子がいるんで~」って言って指名サレテシマッタ。

アタシでホントにいいの…?
てか何でアタシだったんたろう…(最大の疑問)
あっ!時間押してて『じゃあもぅこいつでいいやぁてやんでぇ』みたいな感じですか??
それとも……
敢えて選んでくれたんですか…?(二度目の自惚れ)

もぅ自惚れて明日を追い越すよ

いやいや!それどころではない!
また目の前に紀章さんがっっ!(うわぁぁああぁ!!)
てかホントにヴァイオリン弾くの…?
紀章さんの前で?!?!(最重要問題)
ちょっ、ちょちょちょ待ってー!!Σ(@д@)
でも紀章さんにマイク向けられて「お名前は?」って聞かれたときはやるしかないんだっ
て思った。。。
そしてスタッフさんと共に表れたヴァイオリン。
ダメ…スタッフさんにヴァイオリン渡されたらすんごいガタガタしちゃって(痙攣してるみたいに)「何弾けばいい?!キラキラ星??!Σ(◎д◎)」とかもぅテンパッてた(ひぃ!)
みんなが「大丈夫だよ!」って言って見守ってくれてるんだけど、アタシの緊張が移っちゃったみたいでみんなも震えてるの。

そしたらさ…紀章さん何て言ったと思う?!


大丈夫。今この世界に俺とお前の二人だけって思えば


ぬわぁぁあぁああぁぁああああ!!!!!
バカー!バカバカバカー!!!
この状況で言うか!これから好きな人の前で弾くって状況でっ!!
口説くなら後にして!(違うから)
紀章さんが超目の前に…しかもこっち見てるってだけで緊張してるのにそんな優しい言葉…泣きたくなるじゃん!!ぅえーん!(泣)
悠麻お姉ちゃんが「動揺させないで下さい!」って突っ込んじゃったでしょ!(笑)
でもその突っ込みのお陰で緊張が少し和らいだ…。ありがとうお姉ちゃん!!

ぁぁぁぁ…マジで紀章さんがままま前にた、たた立ってお思いっ切りみみ見てる…!(やーめーてー!!)

緊張MAXで中々弾き出せなかったら会場から「頑張って!」ってエールが…(感激)
他の…会場にいるみんなが応援してくれてなんてあったかいんだろうってマジ泣きそうになった。
でも泣いたら弾けないから堪えて頑張った。


だけど、結局まともに弾けず…(ガァーン)
ゆ、指が動かない…(ガタガタ)


あぁ…あんなに励ましてもらったのに…。
紀章さんだって見てくれてたのに…。
思わず「ごめんなさい」だよ。
アタシを選んだのはmistakeだったね。。。

凹んでふとぱぴちゃん見たらボロボロ泣いてるんですけど!
えぇっ!なんで??!か、かか感動したから?!
そ、そんな…!全然ダメだったのに…。
まさか涙流してくれるとは思わなかったからアタシのストッパーが少し外れて涙が…。
お互いしゃべれなくてただ②うなずき。
しかもぱぴちゃんだけじゃなくて夏樹ちゃんも悠麻ちゃんも遥葵ちゃんもうるうるしてて(ぅぉぉぉぉぉ)
むしろこっちが感動しました(うぇーん!)

紀章さんも「弾いた子より隣りの子が感極まって泣いてるんだけど!」
とか構ってくれて…。
うわぁーん!!
やめて!ホントに泣くからやめて!!アタシ一度泣き出したらなかなか止まらないんだよー!!

コニオケの子が弾いてたとき紀章さんは例のうちわであおいでた(一瞬気持ちが緊張から萌えへ・笑)

でもコニオケの子が弾き終わったらまたガタガタしてきて、そしたらさり気に
「大丈夫。俺たちの方がすげー良かった。勝てるよ」
とか励ましの言葉をくれたんだよーぅ。゜(p>△<q)゜。
しかもマイクなしだったので完全にアタシたちに向けての言葉(本日三度目の自惚れ)

ぅうぃぃああああ!!やめて!ホント無理!!バカ!
あなた私がどれだけ泣くの我慢してるからわかってる?!!
そんな泣いて欲しいのかー!!
優しい…優しすぎるよ紀章さん。
どうしてそんな…あぁー…もぅ必死で唇噛んで手をぎゅってしてた。
うっかり飛び付いて泣きそうだったから(アハハ)

あっ、結果はドローですョ。
お互い頑張ったで賞みたいな。
ちなみにコニオケの子がキラキラ星を弾いたよ(笑)
その子はちゃんとしたメロディーでした。

それで壇上に上がったんだけど「あっ!」って言って戻ってきたから何だろうって思ったら

握手するの忘れてて戻ってきてくれた(笑)

てかアタシも忘れてた。
紀章さんの優しさでいっぱい②だったしさ。
そのときも「ホントにありがとう」とか言ってくれて(うぇーん)ホントどこまで優しいんだお前は!!って思った(キサマ!紀章さんに対してお前呼ばわりするとは何事だ!ジャンピング土下座しろー!!)
アタシこそありがとうなのにしゃべれなくて…。
その分両手でしっかり握ってやってありがとうな気持ちを伝えといた(笑)

最初ムリとか言ってたけどやって良かったよホントに。
すんごい貴重な体験。紀章さんの優しさにとことん触れたねアタシたち。

みんなにもありがとうだょ
みんながアピって当てさせてくれたから…励ましてくれたから出来たんだよ??
イベ終了後なんだけどハピちゃんが「後で後悔するよりはって思って…」って言ってくれて…。
ドリパでハピちゃんに言っときながらアレだけどホントにそうだと思った。

みんなホントにありがとう。
この感謝は生涯忘れません。

その後もまだ震えてるアタシの手を夏樹ちゃんと悠麻お姉ちゃんが手をぎゅーって握っててくれました。
うわぁぁああぁん!!
みんなも紀章さんなみに優しすぎ(号泣)
うぅっ…アタシ幸せモノだ

そんなこんなの新百合ヶ丘杯でした。
アタシにとって凄く大事な思い出なんで極力長く書きましたョ(笑)
スポンサーサイト
イベントメモリアル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<金色のコルダ放課後のエチュード公開録音⑤ | ホーム | 金色のコルダ放課後のエチュード公開録音③>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://specialshininglove.blog54.fc2.com/tb.php/106-006945cd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。